SSブログ

色彩雫インクを買ってみた [携帯・PDA]

w_inks.jpg


瓶入りの万年筆用インクを買ってみた.パイロットの色彩雫シリーズ.

何が狙いかというと,ラインマーカー万年筆M205DUOで赤系・青系の色を使いたい,ということ.

専用のハイライターインクは確かな蛍光で良いのだが,文字を書くような用途には全く不向き.普通の国産ラインマーカーに比べてはるかに狭い塗り幅なので,ハイライトついでにコメントも書けたらいいなぁ,と単純に思ったのだ.

当方がカートリッジで買っているパイロットのインクは,当然ながら文字を書くためのインクなので濃い.ハイライト用途に使うには,少なくとも下の文字がはっきり透けて見える薄い色でないとダメだ.

そんな筆記具としての存在を否定するようなインクがあるのかな・・・と思ってwebを漁ると,同じパイロットがいろんな中間色インクを出しているとのこと.しかも大瓶(50mL)の他に小瓶(15mL)3本セットでの販売もあるとか.勇んで注文してみた.

赤系で一番淡く感じたコスモス(KM)と,青系でのアマイロ(AMA).もう1本はいわゆる赤入れに使えるかなとモミジ(MO)の3本を選んでみた.15mL×3本セットで2,100円+税.

写真で見たときはタミヤカラーのエナメルみたいな印象だったのだが,実物はもう少し大きく化粧品っぽい.ちなみにタミヤカラー・エナメルは10mLで120円+税(特殊カラーは150円).色彩雫だと46.7円/mL,タミヤのエナメルは12円/mL.違いは中身か,それとも客層か・・・

で,書いてみたのが下の結果.うーん,目論見は失敗か・・・

w_paper.jpg


M205にインクを吸い上げるのは洗浄が手間に思えたので,ペン先にインクをつけて書いてみた.なので,本来のインク量より多く出ている可能性もあるのだけど,ラインマーカーとしては色が濃い.アマイロもコスモスも色自体はとてもキレイなのだが,残念ながらマークされた文字が読みにくい.

やはりハイライトと文字筆記は相いれないのだろうか.せっかく買ったインク,なんとか活用しなくては・・・

なお,上記の試し書きをするためにM205を水で濯いだのだが,色が出なくなるまでピストンをコネコネするのはどうも耐久性を落としているようで心配だ.当方にとっては高価なペンなので・・・そうなると,これらのインクを入れるには別のペンを用意して・・・となるのだろうか.

ちょっと恐ろしい.

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

フタが開かない!LAMYと薄モミジ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます